以下の点についてご確認ください。

●袋が正しく真空処理溝に入っていない可能性があります。保存袋の開口部を折り曲げ、真空処理溝の底にしっかりと入れ込んでください。

●器具や袋に汚れや破損の可能性があります。袋の切り口、シールバーやガス
ケット部の周りの汚れを取り、破損やねじれがないか確認してください。必要な場合は新しいものと交換してください。
●袋が破れている可能性があります。袋に少量の空気を入れて封をし、水に沈めてください。泡が出てくれば空気が漏れていますので、別の袋をご使用ください。
●袋が濡れている可能性があります。袋の内側と開口部分の水気を、ペーパータオルなどで拭き取ってください。
●本体カバーが開いている可能性があります。本体カバーの左右の角を両手で「カチッ」と音がするまで押さえてください。本体カバーの左右が閉じられていることを確認してください。
●水気のある食材を袋に入れて真空する場合は、少なくとも食材から開口部まで15㎝以上のスペースを確保し真空処理を行ってください。開口部までの必要なスペースがないと水気がはみ出てシール処理されない場合があります。